Costume

プチポワンのアンティーク・レティキュール

18世紀末から19世紀初めにかけて、エンパイア・スタイルの細身のシルエットが主流となった時代、 それまでの大きく膨らんだスカートの内側につけていたポケットの代わりに登場した婦人用の小さな手提げ袋です。 両面とも同じ模様のものが多いなか、これは表と裏が違う模様になったレアアイテム。サイドのタッセルやシルクリボンの持ち手など細部まで手の込んだ気配りの感じられる上質のつくりです。