Costume

スターリングシルバーのアンティークローネット

19世紀ヴィクトリアン後期の銀のローネット。 ロッテンマイヤーさんは鼻眼鏡でしたが、こちらは柄付きの手持ち眼鏡。手品のように眼鏡が飛び出します。洋服のボディスにもよくこのローネット用の小さなポケットがあったりしますので当時は耳に挟む眼鏡よりも流行に敏感な女性はこちらを使用していたと聞いたことがあります。ハンドルは美しい銀細工。バネもしっかりしており今でも片手で持つことができます。中々出逢えない逸品です。度数は不明。