Costume

19世紀アンティークシルクボディス

ギャザーがたっぷり施された胸元の下にコルセットのようなきゅっとしまったウエストが美しいラインを形成している1890年代 のシルクボディスです。ライナーにはボーン11本とウエストベルトが装着されています。レースの替え襟がつけられていたのかフロント中央には襟かジャボ用と思われるホックが3つ隠されています。大きく膨らんだ袖はレッグオブマトンスリーブあるいはジゴスリーブといわれるもの。このままはおりものにしていただいても、襟元袖口の飾りを付けていただいてもあれこれ楽しんでいただけると思います。ラインがきれいなので衣装のパターン資料にもおすすめです。2列に並んだ小さな貝釦も素敵です。